天気の子あらすじ感想(※一部ネタバレあり)

出典:映画『天気の子』スペシャル予報 東宝movieチャンネル

「言の葉の庭」、「君の名は」の新海誠監督作品最新作「天気の子」

雨が降りしきる東京。
16歳の帆高はひとりフェリーに乗り、東京を目指していた。

出典:映画『天気の子』スペシャル予報 東宝movieチャンネル

フェリーに乗船中、東京に差し掛かるころ突然の激しい「雨」が船を覆います。
主人公、帆高は降りしきる激しい雨の中デッキに出て天を仰ぎます。
あまりにも激しすぎる雨の勢いで船は大きく揺れ、帆高は船から海へ投げ出されそうになります‥‥

編集プロダクション須賀との出会い

たまたまデッキにいる帆高が海に落ちそうになっているところを目撃した男性に帆高は助けられます。
帆高は命を助けてもらったお礼に男性に船のレストランで食事をご馳走します。
男性は帆高に名刺を渡し、何かあれば連絡するように言います。
名刺にはK&A須賀と書かれてありました。


出典:映画『天気の子』スペシャル予報 東宝movieチャンネル

東京で働いて生きていく

帆高は家を出て、一人で東京に行き仕事を探そうとするも身分証も住所も明かさない帆高を雇ってくれるところはどこにもなく、広い東京の中で途方に暮れます。

怪しげなの店舗前で途方に暮れる帆高を客引きの男に店の前から出ていくように言われた穂高はその男に足を引っかけられゴミ箱ごと道路に倒れ、ごみをぶちまけてしまいました。
帆高はごみを拾いながら、ごみの中に紙袋を見つけました。
紙袋を拾います。
中にあったものは‥‥。

そんな中、所持金も底をつきそうになり、ファーストフード店で飲み物のみで過ごそうとしていた時に運命の出会いを果たすのでした。

陽菜(ひな)との出会い

出典:映画『天気の子』スペシャル予報 東宝movieチャンネル

帆高は三日間ろくな食べ物を食べておらず、空腹は限界に達していました。
そんな時、そっとハンバーガーを差し伸べてくれたファーストフード店の女の子。人の優しさに触れ、その時食べたハンバーガーは今までで一番美味しいと感じるのでした。
その後、船上で名刺をくれた須賀さんに電話をして会う約束をとりつけるのでした。

須賀の編集プロダクションで働くことに

須賀の編集プロダクションで食事と住み込みを条件に働くことになった帆高。
家出をして行き場のない帆高を放っておけない須賀の過去にも帆高と同様に10代で東京に出てきて生活し、今に至るという過去があったのでした。
プロダクションには夏美というスタッフの女性がおり、夏美と一緒にオカルト事象を中心とした記事の取材に出かける日々が始まったのでした。

陽菜との再会

偶然帆高は陽菜と再会を果たします。
陽菜は怖そうなチンピラ風の男たちと一緒にいます。

嫌そうに見える陽菜を助けるために帆高は陽菜を助けるために行動に移します。
帆高はチンピラ風の男につかまり、馬乗りになり殴られます。

そんな時に帆高は持っていたカバンの中からあるものを取り出します。
それは客引きの男に蹴飛ばされてゴミ箱をぶちまけてしまったときにゴミの中から見つけた紙袋に入っていた日常生活の中ではあってはならないものでした。
その「あるもの」のおかげでピンチを脱することが出来るのでした‥‥。

明かされる陽菜の能力とは?

陽菜には誰にも言えない特別な「秘密」がありました。
その秘密とは…雨を晴れにする能力だったのです。

出典:映画『天気の子』スペシャル予報 東宝movieチャンネル

陽菜の家族

陽菜は母親を亡くし、小学生の弟凪と二人暮らしでした。

出典:映画『天気の子』スペシャル予報 東宝movieチャンネル

凪は小学生ながら、女の子の扱いが上手くモテモテです。
帆高は凪のことを先輩と呼び、親しくなっていきます。

陽菜の力をビジネスとして活用するが…

陽菜の雨を晴れにする能力を使い、特別な日を晴れにするビジネスを開始しますが、果たしてうまくいくのでしょうか?

前作、「君の名は」のヒロイン三葉(みつは)と主人公タキの登場

「君の名は」ファンにはたまらないお宝ショットが隠されています!
どの場面で登場するのかはご自身で確認してみてください。
登場シーンに興奮すること間違いなしです。

大都市東京を舞台に帆高と陽菜はどうなっていくのでしょうか?

物語は止まない雨を軸に複雑に絡み合い、進行していきます。
心を通わせる帆高と陽菜はしがらみに捉われた大人たちが築き上げたこの世界の中で幸せに生きていくことができるのでしょうか?
陽菜の能力は?帆高の今後はどうなるの?
結末は是非、映画館でご覧ください。

豪華声優陣

小栗旬さんや、本田翼さん、前作「君の名は」ヒロイン三葉役の上白石萌香さん、平泉成さんなど俳優としても有名な方が声優として参加されています。

口コミ

https://www.instagram.com/p/B07qQddnWRk/?igshid=uxwbfhc843bs
https://www.instagram.com/p/B04qF3lJZNs/?igshid=4cfi7n7yh05o

天気の子感想

筆者には子どもがいるので、親目線や自分の十代の頃の気持ちはこうだったな~とか思いながら鑑賞させていただきました。
子どもの頃のピュアな気持ちは加齢とともにしがらみにまみれ、見るべき本質から目を背けることに何の感情も伴わず、麻痺をしていたように思います。
どうにもならないことを諦めて風化させるのではなく、諦めずにやりぬくことの大切さに気づかせてくれる、そんな心が洗われる最高の作品でした。
本作の作中で何度泣いたかわからないくらい泣きました。
余談ですが、筆者の近くで同じ年頃の女性も号泣していました。
心が洗われる至極の作品です。